焼き物の街瀬戸で制作している陶芸家の日記です。


by ceramistbamboo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ギャラリーヴォイスの展覧会と奥野憲一氏の訃報

多治見のギャラリーヴォイスの展覧会とシンポジウムを見てきました。
b0087987_20161293.jpg

この展覧会を企画し、シンポジウムの司会進行役だった、奥野憲一氏がお亡くなりになり、
変わりの司会進行の代役を奥野氏の友人である金子賢治氏がされました。
シンポジウムは奥野氏の難解なお話が聞けなかったこともあり、逆に分かりやすい内容でした。
この展覧会の数日前に亡くなられたそうで、奥野氏本人は残念だったと思いますが、
展覧会やシンポジウムは奥野氏の意思を引き継いでいたと思います。
オープニングパーティは奥野氏を偲ぶ会のようでした。

僕も久々に会えるのを楽しみにしていました。
奥野氏との初めての出会いは、多分20年程前だと思います。
彼が、まだ炎芸術に在籍していたころかも知れません。
その時に、こんなエピソードがあります。
僕が東京の西荻の小さなギャラリーで展覧会をしていた時にオープニングに現れ、
いろいろ話をしたり呑んだりした後、帰り際に「良い展覧会だから是非見にいったら」とチケットを貰いました。
チケットに載っている画像は彫刻のような、オブッジェのような感じで、
何の展覧会かと聞いても、「見れば分かる」と教えてくれませんでした。
その頃は初な心を持っていた僕でしたので、翌日もちろん見に行きました。
場所は青山のスパイラルホール、会場に入るなり若い女性ばっかりです。
展示されてるのはアンティークの女性用下着で、その展覧会でした。
今ならへっちゃらで見ることもできますが、さすがにその頃は恥ずかしく、すぐに会場を出ました。後でワコールの施設だと分かり納得です。
奥野氏にまんまと一杯食わされた訳です。
その後、「何かを貰う時は裏がある」というのがトラウマになってます。
そんなお茶目な一面もある奥野氏でした。

ご冥福をお祈りします。


人気blogランキングへ プチッとやって下さい
[PR]
by ceramistbamboo | 2008-10-04 21:05 | 展覧会